NBOXに乗っています。以前も軽自動車に乗っていて、次買い換える時は普通車に乗ろうと考えていたのですが、好みの車が実に見つからなく迷っていた場合、NBOXの試乗をしました。外観一目ぼれする事はなっかったのですが、試乗してみて、室内の広さに驚きました。運転席に座った視界がさんざっぱら大きく、一段と視線がステップワゴンと同じですど聞いて驚きました。二列目の広さも、こんなにも足元が幅広い軽自動車があるなんて、って驚き、NBOXに惹かれてしまい購入を決意しました。

納車もらいのぼり始めて、最初は視界の広さと高さにとまどいもしましたし、停止した後の発進ときのエンジン音がさっと気になりましたが、すぐに慣れ、今ではいろんなところに連れて行ってもらっています。軽自動車ですが、馬力もありするどく走っていただける。燃費も可愛らしく、今では燃費をどんなに上げれるか、とか単独でしています。

まだまだ未婚ですが、将来結婚して子供が出来ても、子育てにも最適な車だと思うので、長く乗ってあげようとしています。友達にも何人もおすすめしました。子持ちも人たちには、広さは魅力みたいで、何人か購入されています。新車で購入し年間、定期的に洗車・ワックスを通してあげ、結構愛着がわいています。徐々にもいとんなところに連れて行ってもらおうと思います。SUVランキング

私は約4年前についに車を購入しました。そのときは、免許を取得して直ぐだったので、結構すぐ車が恋しく、年令が鈍いということもあり、傍よりも免許取得が遅くなったので、一段と急いで車を見つけ出しました。親も一緒に選んだり、見に連れて行ってくれたりしてくれて、たくさん望ましい車はあったのですが、全部納期が凄い遅かったんです。その中でも、新古車で型は古臭いけど、一週間もしないで納車できるとのことだったので、私は、中身の性能のことなど無視してその車を買いました。後、私が車を貰うときの条件が「見た目」でした。私の好きな見た目の車だったので喜んで購入したのですが、納車して半年ぐらいして直ちに故障しました。私は、故障の名前や原因など言われてもかなり分からなったのですが、親の知り合いの自動車屋で修理したものの、金額が何十万って飛びました。そうして、修理して半年も経たないうちにまた別の箇所が故障しました。そうしてまた修理代金が多額。その後順調に乗れていると思いきや、車検と共に修理。これもまた多額。ぼったくられて掛かるんじゃないかとおもうくらいの金額を私は未だに乗って間もない車に支払いました。最初に車選びをしたときに、私が納期も無視して、充分性能のことや中身のことも細かく聞いて焦らず一心に選べば故障も決してしなかっただろうし、こんなにも車のことやお金に関しまして苦しむことはなかったんだろうなと著しく後悔しました。後悔しても仕方ないんですが、今もまだその車を愛用中なので、いつ割れるか、ってソワソワしながら乗ってある。次こそは有難い車を選ぶそ!という気持ちで、今はこういう車を大事に大事に扱っています。ミニバン

私が小学生のとき実家で乗っていた車は白のサニーでした。
こういう車で覚えていることは、窓の開閉がハンドル式だったことと、スピードを差し出しすぎるといった「キンコン、キンコン」といった警告音が鳴ることです。
当時、友達に窓の開閉がハンドルで調節することを話したときに、至ってビックリされました。
警告音は、高速に乗ったときにスピードを出すと鳴っていて、こういう警告音が怖くて、父に「一段とスピードを落として」とぐっすり注意していました。
サニーに乗って、家族で各種ところへお出かけしました。
私が毎年楽しみにしていたことは、夏に2回、家族で出向くキャンプでした。
サニーのトランクに、テントや釣り道具、簡易テーブルやガスコンロ、今のようにコンビニがない時代だったのでクーラーボックスに埋め込みた3日
分の食糧などをぎゅうぎゅうに詰めて出かけました。
やたら荷物が多いので、毎年粛々とトランクに盛り込むことができずに、父という母が苛苛しながら何度も詰め直しをするのを、兄といったハラ
ハラしながら眺めていました。
無事に荷物を詰めて出発すると、ホッとしたのを覚えています。
私が小学4年生になったまま、初々しい家族が仲間入りしました。白黒の雑種の犬だ。
その翌年のキャンプには、こういう犬もつれて行ったので、どんどんぎゅうぎゅうな車内で、クーラーを何とか強くしても暑かったことを覚えています。
我ら家族が一番賑やかで活気があったころの思い出は、すべてサニーというつながってある。
更に町中で走っているのを見ることはない古い型のサニーですが、我ら家族の中では、忘れられない車だ。軽自動車 人気|2016年軽自動車のランキング比較!

私には憧れの車がある。これから引き続きその車が手に入ったらと思っている。それはルノーの『カングー』という車です。外車、それもフランスの車だけあっておしゃれで可愛く、おおかた女性受けする車です。『カングー』といえば、黄色の車が有名だか、私は白色の車が素敵だという。以前に車内を確かめる機会があったのだが、スライドドアなのは勿論、天井が広くて天井あたりに収納があったりといった、その素敵な外見に加え、荷物が多い主婦には使い勝手がよくわかりやすさも充実しているという。ただし現実的なことを考えながら言うと、そもそも車体代はいくらかかるのか。燃費はどうなのか。故障した時折最寄りの整備工場などで対応できるのか。ガソリン代が高騰しておる今の世の中、主婦としてはそこをメインに考えないといけないのだ。時折走っているこういう車を確かめる度、たまたませつなく向かう。予め憧れは憧れで終わってしまうのか、それとも憧れ続ければ願いは叶うとよく言うが、手に入れるためには少々の犠牲も仕方ないというべきなのか。もうあの車に恋愛感情も携えるような気になってきたが、結構はクール。そのくらい『カングー』が欲しいのだ!そうして今夜も『カングー』に乗っている私を夢で見るのだろうな。コンパクトカー

ビーゴは、ダイハツから販売されているSUVタイプの乗用車だ。SUVならではの力強さを感じさせる外観デザインですが、勿論街乗りにも最適です。ここからは、あんなビーゴにおいて紹介していきます。
それでは概要からです。価格は173万円からとなってあり、2つのグレードを通じて展開している。それぞれに2WDって4WDってがあるので、普段の生活に合わせた1台が選べます。そのボディカラーは全部で7種類ありますが、ホワイトやブラック系が多い中、鮮やかなレッドもラインナップしているので、アクティブなイメージを全面に流すこともできます。
次にインテリアについてですが、内装はダークグレーを基調としたシンプルな空間となっています。室内にはクリーンエアフィルターがあるので、花粉が気になる季節も安心な上に、いつでもさわやか空気が循環行なう。また、小物の収納も充実してあり、飲み物や冊子など必要な物がアッという間に取り出せる環境だ。そうして、運転席のメーター内にはマルチインフォメーションディスプレイがあるので、スイッチを圧すだけで平均燃費や温度などが瞬時に分かるようになっています。再度、燃費の良い運転時折「エコランプ」が点灯するので、環境に優しい運転を意識することも可能です。
このように、ダイハツのビーゴには様々な機能や装備が備わってあり、ショッピングにアウトドアにという大活躍やる車だ。スポーツカー 人気ランキング

背のちっちゃい私は、色々たえず下から見上げています。ですから、少なくとも車からだけでも上から見下ろしたいといった、車高の大きい車を選んで乗っています。四輪駆動車タイプやミニバンタイプの車に今まで乗ってきました。最近では、軽自動車も車高の厳しい車が増えたので、単に軽自動車だ。今どきの軽自動車は燃費も嬉しいし、車の本体価格もお手頃。そうして断然、税金が少ない。これにこしたことはありません。車高の高い車に乗ると、しょっちゅうと違った景色が見えて最高に気分がいいです。見晴らしがいいです。背が大きくなったような気分になります。そうして、人生最後の車は、本格的な四輪駆動車できればベンツGクラスにのぼりたいだ。超高級自動車なので、新車で購入するのは絶対無理だと思いますが、憧れだ。車に乗りこむのも、ひょっとしたら一苦労かもしれませんが、年老いたらできるだけ乗ってみたいです。左ハンドルを運転したことはありませんが、憧れのGクラスだったら、頑張って運転したいと思います。車高の大きい車、そして左ハンドル。明らかに今までとは違う景色が思えるはずです。憧れのGクラス、少なくともユースドカーも、手に入れることができるように、毎日頑張って行こうと思います。車 売る

私は今トヨタのプリウスを乗っています。
以前はアルファードという車に乗っていたのですが、燃費が悪くてガソリン代が厳しくなりました。
ガソリン代はガンガン上がっていますね。とうに下りることはないのでしょうか。
田舎なので、通勤にも買い物にもどこへいくにも車を使うし、子供のスポーツで遠征に車だしをすることもあるため、
ガソリンが鎮まるのも手っ取り早いのです。ひと月のガソリン代は絶えず3万円を超えていました。
なので、これだけガソリン代を支払うなら燃費のいい車を新車で買ってローン払ったほうがいいと思い始めたのです。
アルファードもとても気に入ってはいたのですが、思い切って切りかえることに決めました。
低燃費車はいくつかでていますが、おんなじトヨタのプリウスを選びました。
これが大正解でした!
4年のローンを組み上げましたが、毎月ローン代を払っても以前のガソリン代よりも安っぽいのです。
ローンが終われば尚更楽になります。
アルファードのころは、1週間に1度は必ずやガソリンを入れていましたが、プリウスになってからは
ありゃ、いついれたっけ?というほど燃費が違う。
しかも、プリウスはまったく静かで、スゥーっと走り出すのが清々しいだ。
賢く表現できませんが、上品な感じがします(笑)
乗っている人は多いけれど、納得の車ですなあとつくづく感じています。セダン人気ランキング|2016年国産&輸入セダンを比較!